About the Lord's Cross Christian Center

 

Our Start

The Lord's Cross Christian Center(TLCCC) is a protestant church.

Pastor Paul Akimoto was led by God to plant a church.

It was founded as the "Kokubunji Christian Center" in April 1984 in

Kokubunji City, Tokyo, Japan.

TLCCC was started with Christ as the head of the church and as Chief Pastor.

In the beginning Pastor Paul Akimoto was told by God to live by the principle of

hearing and obeying the Lord for a plan of our church.

God also showed Pastor Paul Akimoto that TLCCC daughter churches were

going to be planted throughout the country and that we would be involved in

overseas mission work.

 

Our Principle

TLCCC is a Protestant charismatic church. We believe that the Bible is the

infallible Word of God, the sole basis and the final authority of our beliefs.

We acknowledge the pastoral ministry of Jesus Christ who is the head of the

church. Therefore, our walk is guided and directed by obeying the voice of God,

based on the Bible and prayers. Further, we acknowledge that the gifts of the

Holy Spirit should be active and exercised in the church.

We also believe the restoration of a New Testament Church with the Five-fold

Ministry of apostles, prophets, evangelists, pastors, and teachers,

and we have been led for that direction.

  

Our Vision

There will be great revival, a huge harvest of reaping of souls in the world and in

Japan. The churches in Japan will greatly change in number, scale and functions.

Some churches in Japan will have thousands, tens of thousands, or hundreds of

thousands of members. We at TLCCC are told by God to achieve such a level of

work and to make preparations for it. We have been also shown that TLCCC was

called for the end-time work and revival, and that over 90 Mission offices would be

established worldwide. We anticipate in God outreaching the general public

through publication and music ministry and on the Internet evangelism.

 

Origin of Our Name

In starting a church, God told Pastor Paul Akimoto to name this church "center"

because He was going to use this church with a function of a center. What the

Lord showed to him has been true. The Lord's Cross Christian Center has been

playing the role of a center in the country and overseas. At the start of the church,

we were not shown a full name of this church. Since we were located in

Kokubunji-city, we temporarily named our church Kokubunji Christian Center.

After one or two years passed since the church was started, we were given an

instruction through prophecy, saying that we should name this church the full

name God would give.

As a result of praying for the name, we were shown the word "the Lord's cross,

"which implies that we will walk by taking up the Lord's cross just as a Cyrenian

Simon in the Bible did so. This also means that we will share the Lord's pain and

suffering as we follow Him.

That is our calling and is our desire. We hope to follow the Lord to the end by

taking up the cross, and at the same time, to completely carry out His plan for us.

 

 

主の十字架クリスチャンセンターとは

 

主の十字架クリスチャンセンターのスタート

主の十字架クリスチャンセンターは、プロテスタント教会です。パウロ秋元牧師が開拓教会を

始めるように導かれ、19844月「国分寺クリスチャンセンター」として、東京都国分寺市で

スタートしました。神の主任牧会の教会としてスタートし、教会の計画と歩みについて神に

聞き従う形をとるように語られました。また、主の十字架クリスチャンセンターは、日本中に

建てられ、また海外宣教の働きが開かれる、と神から語られました。

 

主の十字架クリスチャンセンターの働きの現在

20159月現在、TLCCCの教会は、国内に109、海外に62NYLA、サンディエゴ、

デンバー、バトンルージュ、ハワイ、フィリピン、ブラジル、中東、ザンビア、チェコ

(ロンドン、シカゴ、サンフランシスコ、トロントは、お休み中)>あります。

また、祈祷院が、群馬県渋川の教会にあります。 1985年主の十字架神学校がスタートしました。

東京を中心に、全国と海外の教会の分校で行なわれています。また、神学校のクラスは、

インターネットによるオンライン聴講が可能で、登録学生は単位も取得できます。

登録している学生数は、約300名です。 

 

主の十字架クリスチャンセンターの立場

主の十字架クリスチャンセンターは、プロテスタントのカリスマの教会です。

私たちは、聖書は、唯一の誤りない神の言葉、信仰の唯一の規範と信じています。

教会のかしらである、イエス・キリストの主任牧会を認め、聖書と祈りを土台に、

神に聞き従うことを中心にしています。聖書に書かれている御霊の賜物は、教会に現在もあり、

運用されるものであると認めています。また、 使徒・預言者・伝道者・牧師・教師の

五職による新約教会を信じ、その働きの回復の方向へと働きが導かれています。

 

主の十字架クリスチャンセンターのビジョン

これから、世界にまた日本に大きなリバイバルが起こってくるでしょう。

日本の教会の数、規模、また働きは大きく変わってくるでしょう。

日本にも、数千、数万、数十万の信徒を擁する教会が出てくるでしょう。

私たちもそのレベルの働きが示され、準備を導かれています。

また、主の十字架クリスチャンセンターは、終末とリバイバルの働きに召されている教会で

あること、また世界に90以上のミッション支局が設立されることを示されています。

出版や音楽の働き、インターネットをとおし、一般社会に向けての働きが大きく開かれることを

神に期待しています。

 

主の十字架クリスチャンセンターの名前の由来

教会がスタートする時、神はパウロ秋元牧師に、この教会をセンターとして用いるので、

「センター」と名づけなさいと語られました。主が示されたことは真実でした。

主の十字架は国内においても海外においても、センターとしての役割を果たしています。

当初は、教会の名前は一部しか示されていませんでした。場所が国分寺でしたので、

とりあえず<国分寺クリスチャンセンター>という名でスタートしました。12年経ったころ、

預言を通して、神の示す名前にしなさいとの指示がありました。祈り求めた結果、

<主の十字架>という名が示されました。

これは、聖書のクレネ人シモン のように、主の十字架を負って歩むという意味があり、

主の道を歩みつつ、主の痛み苦しみをともにするという意味があります。

これは私たちの示しでもあり、願いでもあります。私たちは主の計画を全うするとともに、

主の十字架を負う歩みを全うしたいと願っています。